FC2ブログ
2009.07.24 初めの一歩
今日は約1カ月ぶりの診察でした・・・
事故から7週間、そろそろ骨も修復して、松葉杖を卒業できるかも♪と思っていました。

でも、残念ながら骨はまだ完治しておらず、全体重をかけることも禁止です涙
歩けるようになったらあれもしたいこれもしたいと期待が大きかった分、失望も大きく究極的な思いにまでたどり着いてしましました。

「何で私がこんな痛い思いも辛い思いもしなくちゃないの?」
「加害者も同じ思いをすればいい。」

車に跳ね飛ばされて空中をくるくる回っている間「あー、私死ぬかも」と思ったこと、複雑骨折だけで済んだこと。そう、確かにみんなが言うように不幸中の幸い。でも、その運転手が一瞬気をつけてくれていれば避けられたこと。

これまで何度もそう思い、自分の意思でどこへも行けないもどかしさに苛立ち、その度に気を取り直してきたけれど、今日もやっぱりそんな気分になってしまいましたダウン


でもお医者さんからは「少しだけ」体重をかけて歩く訓練をしてもよいとの言葉をいただきました。

・・・「少しだけ」ってどれくらい??

歩くのに体重をかけているという意識を持っていないから、少しだけとか半分だけ力を入れるという感覚がわからない。

ということで試しに地面に足をついてみました・・・。
            
                20090724_19_convert_20090724205310.jpg
                 まだ大きさも色も違うけど、歩くことで解消されるんだって。
       

51日ぶりの感触です。カーペットのザラザラ感、タイルのひんやり感。こんな風に感じるんだ・・・。
ちょっと感動Brilliant.

たった51日、でも足をずっと真っ直ぐに伸ばしていたせいで、ひざや足首は完全に固まってしまいリハビリを開始して2週間も経つのに足首はまだ半分くらいしか地面を捉えていない感じ。

歩くってどうやるんだっけ?

骨折は骨の完治よりもリハビリが大変だと聞きます。
この先、どのくらい時間がかかるのでしょうか?
長い人生を思えば、たった数カ月のことかもしれません。
「どのくらい」と考えるのも意味がないのかも。

そろそろ「事故さえなければ」と思うことはやめにして「今日はリハビリがここまでできた♪」と喜ぶことだけにしようと思います。

そう思うことがきっと、早い回復への近道かもしれません足

               20090724_22_convert_20090724230316.jpg
                             私の今の必需品キラキラ 

スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://kurodiaryinmelbourne.blog68.fc2.com/tb.php/26-9feec551